遠隔接客RURA、溶岩ホットヨガ「Lala Aasha」に導入

導入事例

遠隔接客RURA、溶岩ホットヨガ「Lala Aasha」に導入

遠隔接客RURA、溶岩ホットヨガ「Lala Aasha」に導入

Lala Aasha

株式会社TREES

ーDXで効率的なおもてなしを実現ー

遠隔接客サービス「RURA(ルーラ)」を開発・提供するタイムリープ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:望月亮輔、以下「タイムリープ」)は、2023年11月から株式会社TREES(本社:東京都渋谷区、代表取締役:木村希、以下「TREES」)が運営する溶岩ホットヨガスタジオ『Lala Aasha(ララアーシャ)』にRURAを導入したことをお知らせします。

フィットネス業界の働き手不足

新型コロナウイルスの影響により、緊急事態宣言下の休業要請を受け大きな打撃を受けたフィットネス業界ですが、感染状況が落ち着くにつれ、市場規模は回復傾向にあります。「レジャー白書」(※1)によると、2022年のフィットネスクラブの市場規模は4520億円であり、前年比より9.4%増加しています。

その一方で、多くの業界で深刻となっている人手不足問題ですが、フィットネス業界も例外ではありません。経済産業省の調査(※2)によると、2020年から2022年までフィットネスクラブ・スクール利用者数は増え続けており、利用者数は年間4000万人の規模にまで拡大をしています。しかし、この増加とは対照的に、フィットネスジムの従業者数・指導者数ともに3年間で減少し続けているのが現状です。

少人数で多拠点の接客が可能なRURAを活用することで、この人手不足の課題を解消していくことができます。

※1:レジャー白書
https://www.jpc-net.jp/research/detail/006617.html
※2:出典:経済産業省「特定サービス産業動態統計速報」
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/pdf/hv202301sj.pdf

TREES様ご導入の背景

TREESは、首都圏を中心に溶岩ホットヨガスタジオ『Lala Aasha(ララアーシャ)』を11店舗展開しています。

対面でのスタジオレッスンを提供しているため、2020年以降、新型コロナウイルス感染症のリスクを鑑み、店頭に配置するスタッフの数や一度のレッスンに参加できる会員数を縮小するなどの様々な制限を設けざるを得なくなりました。顧客満足を損なわないよう創意工夫を行っていく中で、オールインワン基幹システムの「hacomono」を導入。その後、hacomonoと提携をしている遠隔接客サービスのRURAを知って頂き、非接触での接客が可能で、お客様にも安心して通い続けていただけるスタジオ運営を実現するため、このたびRURAの導入に至りました。

詳細

活用方法

RURAを受付に設置をして、お客様が来られた時に入会や退会、そのほかお問い合わせなどの受付全般を遠隔地から対応しています。RURAの画面上で「hacomono」の説明をし、入会や支払いは「hacomono」を通して行っています。

TREESのスクール事業では、毎日のようにスタジオへ足を運んでくださるお客様も多く、コミュニケーションを重要視していたためオンラインでの接客には少し不安がありました。

しかしRURA導入後も、通信の不具合なども特になく映像もクリアで、実際にお客様とお会いするのと変わらない速度で会話を進められ、無人の案内でもしっかり顔を見ながら対応ができるため、お客様にもご満足していただいております。

入会のご案内や事務手続き、レッスンに関するご不安ごとなど、店頭が煩雑してしまう時に追加人員として遠隔対応のスタッフが様々な店舗で活躍しています。全店舗に1人ずつ人員を配置することなく、必要な時にスポットで活躍できる戦力となっています。対応する社員にとっても場所を選ばず働くことができるので、活躍の場を広げることが可能です。

TREESより 今後についてのコメント

現在、様々な事業で無人化や接客の簡素化が話題に上がっていると思います。

無人のコンビニや配膳ロボットなど、無人化の手段も多岐に渡りますが、当社ではまずRURAの実施店舗を拡大し定着させる事で、お客様に従来の接客品質を損なわずに安心感を提供していきたいと考えます。その上で受付の無人化や支払いのキャッシュレス化など、スマートフォン1つでお客様に気軽に通い続けていただけるスタジオ展開を構想しています。

さらに当社使用の顧客システムとRURAの連携により、今後様々な対応が実現可能だと考えます。

お客様の健康をテクノロジーで支える一方で、コミュニケーションやアットホームという従来の重要視していたテーマを損なわない事で、顧客満足の向上と社内DX化を促進していきたいと考えます。

(株式会社TREES 代表取締役:木村希様)

この記事に関連する資料をダウンロードいただけます

資料ダウンロード

フィットネス業界向け 導入ハンドブック

フィットネスジムにおける遠隔接客サービスの活用方法をまとめています。

▼以下のような方にオススメです。
・フィットネスジムの無人化や省人化を検討している
・フィットネスジムを無人化した他社事例を知りたい
・遠隔接客サービスを導入することで得られるメリットを知りたい

ダウンロードはこちら

必須項目にご記入の上「申し込む」を押してください。

遠隔接客のプロにお問い合わせください