日本経済新聞に、遠隔接客サービス「RURA」を取り上げていただきました

記事タイトル

成長の未来図 「人×テック」で労働拡張 ケインズ予言、生産性で誤算

詳細

日本経済新聞にて連載中の「成長の未来図」。第5弾では「人×テック」による労働力の拡張について言及されており、その中で「潜在的な労働力を掘り起こすデジタル技術」として当社の遠隔接客サービス「RURA」で働く事例をご紹介いただきました。
RURAは、インターネットを通じて店舗の接客を遠隔地から行えるサービスです。地理的な制約などにより出社して働くことが難しいような方でも、遠隔地からオンラインで接客業の仕事をするという新たな選択ができるようになります。
電子版はこちら:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUD234V70T20C22A5000000/

タイムリープ株式会社について

タイムリープ株式会社は、「最も大切なことに時間を使える世の中を実現する」をビジョンに掲げ、インターネット越しに店舗の接客を行うことができる遠隔接客サービス「RURA」を提供しています。接客の一部を遠隔で集約することで、新型コロナウイルスへの感染対策はもちろんのこと、店舗運営の効率化や、接客業における新しい働き方の実現が可能となります。

【会社概要】

社 名:タイムリープ株式会社
設 立:2019年6月3日
資本金 :4億3,191万8千円(資本準備金含む)
所在地:東京都千代田区岩本町1-9-1 アイアンビルヂング3F
事業内容:遠隔接客サービス「RURA」の開発・提供
Webサイト:https://timeleap.co.jp/

「RURA」について

遠隔接客サービス「RURA」は、インターネットを通じて店舗の接客を遠隔地から行なうことができるサービスです。対応スタッフが画面に表示される対面接客や、アバターを通しての接客などを選択できます。少人数で多拠点の接客ができる点に大きな特長があり、約30店舗の受付を3名で実施している例もございます。
システムのみのご利用だけでなく、接客の代行サービスをオプションで申し込むこともできます。接客の一部を自宅など遠隔地から行うことで、新型コロナウイルスへの感染対策はもちろんのこと、店舗運営の効率化や、接客業における新しい働き方の実現が可能となります。
RURA」の詳細:https://timeleap-rura.com/

日本経済新聞に、遠隔接客サービス「RURA」を取り上げていただきました

資料ダウンロード・お問い合わせはこちら