遠隔接客サービス「RURA」を提供するタイムリープ、グローリーと業務提携契約を締結

遠隔接客サービス「RURA」を提供するタイムリープ、グローリーと業務提携契約を締結

タイムリープ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:望月亮輔、以下「タイムリープ」)は、世界最大の貨幣処理機メーカーであるグローリー株式会社(本社:兵庫県姫路市、代表取締役社長:三和元純、以下 グローリー)と業務提携契約を2022年3月22日付で締結いたしました。今後、タイムリープが提供する遠隔接客サービス「RURA(ルーラ)」と、グローリーが提供する自動つり銭機、自動受付機器などのセルフ型製品を組み合わせた新たなソリューションを開発してまいります。

近年、人手不足という社会的な課題を背景に、セルフレジや自動発券機などによる店舗運営における効率化が進んでいます。また、2020年から続く新型コロナウイルスの影響により、感染対策やランニングコストの削減などを目的とした、店舗を有する事業者によるセルフ化ニーズは更に高まっています。
しかし一方で、サービス利用者側には未だ戸惑いの声もあります。マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施したセルフレジ利用に関する調査※1によると、調査対象の1000人中241人は、「セルフレジを利用しない事が多い」「利用した事がない」とセルフレジの利用に消極的でした。その理由の中には「操作方法がよくわからない」「他の客を待たせてしまいそう」というものが挙げられており、不慣れなものを利用することに対する不安や、それにより周りに迷惑をかけてしまうのではという心配が、店舗のセルフ化浸透の障壁のひとつとなっている事がわかります。
※1:https://www.cross-m.co.jp/report/life/sc20200227/#

業務提携に至った背景

タイムリープはこれまで、少人数で多拠点を接客することができるRURAによって、現地にスタッフがいなくても、来店したお客様が接客や案内を受けられることを可能にしてきました。そしてRURAを導入している企業様の中には、チェックインや会計のセルフ化を進める中で、不慣れなお客様を置き去りにしないためにRURAを設置しているところも多く、RURAは店舗運営のセルフ化における課題解決に寄与してきました。
また、金融機関や流通小売店をはじめ様々な市場を顧客に持つ、通貨処理機のリーディングカンパニーであるグローリーは、これまでの豊富な実績があるからこそ、「セルフ化は、機械を導入したら終わりというわけではない」「スタッフ、お客様双方に浸透して、誰もが使えるようにすることが重要である」という課題を見出していました。
この度、RURAによる効率的な遠隔接客と、セルフ化が可能なグローリーの製品や技術という両社の強みを活かして、幅広い市場の店舗運営の効率化を実現するために、協業する運びとなりました。

今後の展望

本提携により、タイムリープが提供するインターネット越しに店舗の接客を行うことができる遠隔接客サービス「RURA」と、グローリーの製品や技術を組み合わせることで、金融機関や流通小売店、飲食店等における店舗運営の高度化と効率化を目指してまいります。

RURAとは

インターネットを通じて店舗の接客を遠隔地から行なうことができるサービスです。対応スタッフが画面に表示される対面接客や、アバターを通しての接客などを選択できます。少人数で多拠点の接客ができる点に大きな特長があり、約30店舗の受付を3名で実施している例もございます。
システムのみのご利用だけでなく、接客の代行サービスをオプションで申し込むこともできます。接客の一部を自宅など遠隔地から行うことで、新型コロナウイルスへの感染対策はもちろんのこと、店舗運営の効率化や、接客業における新しい働き方の実現が可能となります。
「RURA」の詳細:https://timeleap-rura.com/

タイムリープ株式会社について

タイムリープ株式会社は、「最も大切なことに時間を使える世の中を実現する」をビジョンに掲げ、インターネット越しに店舗の接客を行うことができる遠隔接客サービス「RURA」を提供しています。接客の一部を遠隔で集約することで、新型コロナウイルスへの感染対策はもちろんのこと、店舗運営の効率化や、接客業における新しい働き方の実現が可能となります。
【会社概要】
社 名:タイムリープ株式会社
設 立:2019年6月3日
資本金 : 4億3,191万8千円(資本準備金含む)
所在地:東京都千代田区岩本町1-9-1 アイアンビルヂング3F
事業内容:遠隔接客サービス「RURA」の開発・提供
Webサイト:https://timeleap.co.jp/

グローリー株式会社について

グローリー株式会社は、認識・識別技術とメカトロ技術をコア技術に多様な決済手段をお客様に提供しており、さまざまなソリューションを世界100カ国以上の金融機関や流通店舗などに展開しています。これまで培ってきたコア技術のさらなる研鑽とオープンイノベーションの推進により、次代に求められる価値を創造し、社会の発展に貢献しています。
【会社概要】
所在地 :兵庫県姫路市下手野1-3-1
代表者 :代表取締役社長 三和 元純
創業 :1918年3月
URL :https://www.glory.co.jp

 遠隔接客サービス「RURA」を提供するタイムリープ、グローリーと業務提携契約を締結

資料ダウンロード・お問い合わせはこちら